logo_netpath.gif
使えるプロバイダ

« M師匠はやっぱり強かった。。。 | メイン | 母の上京 »

2004年10月06日

一色碁

仕事で客先に行ったので、珍しくネクタイなど締めて行く。「どうしたんですか!」「いや、俺だって仕事することもあるんだyp」いつもは、ジーパンだからねぇ。驚くのも無理はない(笑)。なぜか、M師匠もスーツ姿。シンクロニシティか?(笑)

ササヤンと4子局。ササヤン、2目のアタマは叩くんだよ。せっかくの置き碁がだいなしだよ。戦うべきとこは 戦おう。黒は石数が多いんだから、序盤で戦っておかないと、後半苦しくなるよ。

休憩をはさんで、またササヤンと。碁笥の蓋を取ってみたら両方白石。「んじゃ、ササヤンのその石、黒だから。お願いします。」「え、えっ」と、どこかで見たような会話をして打ち始める。4子局。おいらも一色碁は初めてだったんだけど、結構見えるもんだね。150手くらいで、ササヤンの大石が死んで投了になったんだけど、100手くらいなら余裕で見えるね。もっと石が混んで来ると厳しいんだろうけど。棋譜ならべが効いてるかも。ササヤンも「以外と分かるもんですねぇ」と言っていた。

その後、ナッキーとも一色碁。(面白かったのでハマったらしい。<おれ)7子局。隣りで、M師匠&女子高生も一色碁を打ち始める。ナッキー「なにかキッカケがあると分かるんですけどーー」う~む、ナッキーにはちょっと一色碁は早かったかなぁ。自分の手番だけでも並べなおしができるようになると、一色碁も打てるよん。今日のナッキーは「戦わないで勝つ」を目標に打ってたらしい。置き碁の時は序盤強くでて後半守りで打たないと勝てないんだがなぁ。

しかし、一色碁は面白いけど、アタマを異様に使うね。疲れる~。

投稿者 たろう : 2004年10月06日 12:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.t-factory.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/71

このリストは、次のエントリーを参照しています: 一色碁:

» 物理学と囲碁 from AngelReading日記
水曜日のハッピーマンデー補習対局に行く途中、囲碁を始めてからのこのワクワク感。な [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年10月07日 23:44

コメント

コメントしてください




保存しますか?