logo_netpath.gif
使えるプロバイダ

« 連碁バトン【また回ってきた】スルー | メイン | 【また】デジカメ買った【衝動買い】 »

2006年01月19日

ダメ空きがダメ空きじゃなかった話

先日、火曜上級コースでご一緒させてもらってる、上手のNさんという方と3子局を打たせていただきました。

そこでちょっと面白い場面があったのでご紹介。白がNさん、黒がわたし。

左下から、かかりのある33定石を打ったあと、下の図のようにずりずりと伸びあいを打って、黒が1とケイマして白2、黒3となった場面。
20060119dameaki1.png
わたしも、Nさんも、A のダメ空きがあるから、なんも手がないだろうなぁと思っていました、なので、ここで白は手抜き。で、じ~~と眺めてると、、あらまぁ手になるではないですか。無事、右の白3子を抜いて、この碁はわたしの2目勝ち。

ダメが空いてるようであいてなかったというお話でした。

投稿者 たろう : 2006年01月19日 21:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.t-factory.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/188

コメント

コメントしてください




保存しますか?