logo_netpath.gif
使えるプロバイダ

« 級位者の日2連勝 | メイン | 緊急速報:KGSの段級位圧縮!? »

2004年09月27日

クールの最終日(ハンスピーチ杯)

本日の講義は、棋院のプリンタ不調(^^;のため、レジュメがないので、急遽先生が打ち碁の解説。
その後、ハンスピーチ杯。

1年を3ヶ月ごと4期(クール)に分けて、クールの講義最終日にハンスピーチ杯と称して全員の打ち碁を見て、成長してる人とか、いい碁を打ってる人に対して賞品を出すっていうのをやっています。

対局は、コバピ 7子置き。7子? そりゃ碁にならんだろ、俺はそんなに強くないってば(^^;。で、打ち始める。出だしで コバピがつまづく。8手ほど戻して打ち直し。途中も、「これもう死んでるんですか~?」と聞くから「ここにひとつ目ができそうで、こっちにもこれだけ広けりゃできるでしょ。」といって打ち続ける。途中で「さっきのとこ目つくっとかないと死ぬよ」と教える。手をつけなかった右辺が黒の地になって20目ほどの負け。う~む、教えながら打つんだと、7子じゃ無理でした。

その後、ササヤンと4子。ササヤンはやさしい碁。ここ取ってくださいとどんどん引いてくれる。ゴンゴン押して20目ほどの勝ち。守るのと引くのは違うんだよ、ササヤン。

前回6月のハンスピーチ杯は、オマケで「3段合格の定石」とかいう本を他に貰い手がないからという理由でいただきました(^^;。今回は、名前を呼ばれて、「アマの負ける手負けない手」という本をいただきました。ということはおいらも成長してるってことか。なんとなくうれしい(^^)

その後、棋院の先生から、「5級以上の方はできれば入段コースに移ってください。」という案内。う~ん、移らなきゃいかんのだろうなぁ、やっぱり。。。
んと、おいらハッピーマンデーでプロの先生に打ってもらったことないんだよね。F先生に1回だけ打ってもらっただけで。。ハッピーマンデーの対象が入門者だから、入門者が優先されるのはそれはしかたないかなと思うんだけどさ、2クールで1回もないのはちょっと寂しいかなぁ。快速入段コースは、プロの先生がいっぱい打ってくれるとかいってたよなぁ。

投稿者 たろう : 2004年09月27日 18:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.t-factory.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/63

コメント

プロの先生が教室で打ってくれるようになったのは、と、言うか打ってくれる頻度が上がったのは、わりと最近のことなんですよね。私もピーチ先生には十三路盤でしか打ってもらったことがない(^^;。

でもまぁ。私が「私はシタテと打つのが楽しいんです!」と常々主張しているので、へぼたろさんも同類だと思われてしまったかもですね。その件はごめんなさいねm(..)m。

投稿者 まえだ : 2004年09月28日 23:04

いや、あんまり気にしないでください。(^^;
ちょっといってみただけですから(笑)

投稿者 HeboTaro : 2004年09月29日 04:11

コメントしてください




保存しますか?