logo_netpath.gif
使えるプロバイダ

« 神輿をかついできました。 | メイン | まつぼっくり »

2005年10月09日

湘南ひらつか囲碁まつり

行ってきました。湘南ひらつか囲碁まつり。前回書いたとおり、足の裏に豆をつくって びっこひきながらの参加。

遅れ気味で平塚到着。1000面打ちの受付で 2ch棋院のメンバーと合流。1000面打ちは 500面づつ2回に分けて行う。おいらは最初の500面。プロの先生はなんと山田拓自先生。わ~い、山田先生ファンなんですボク。なんて~か、この飄々とした顔がいいじゃないですか。棋院のページで写真を見たときから密かにファンなんですよね。

7子置いてスタート。左下で33の外側を取られて、上辺で抜かれながらも、右辺から中央への模様で勝負になるかなといったところで、右辺に打ち込まれる。これを殺したらおいらの勝ち、途中あやういところがありながらも、大石を召し取って中押し勝ち。いやぁ。死んでるはずと思う石逃げ出されて何か手があるのかとドキドキしちゃった(^^;。

1000面打ちのあと、軽く食事。後半の人とわかれて、抽選会場へ行く。抽選券があって、1等は蛤碁石がもらえるらしい。榧碁盤を落札したので絶対あてないとね。と引いてみたがおーはずれ(笑)碁石キーホルダーと白黒お菓子を貰う(参加賞)。

ほどなく後半戦も終わり、懇親会場へ。懇親会場で山田拓自先生と会話。「ぼく先生のファンなんです~~。」「そんなこと言われたの初めてです。」と驚いてられました。ウソでしょ~ またウマイんだから。握手してもらって、これだけで行った価値があるというもの(^^。山田拓自七段応援してます~。がんばってください。

続いて巻幡先生と会話。「巻幡先生もブログ始めましょうよ。ゆかり先生もやってることだし。」「わたし、モノが完成しないとダメなたちなんですよね。日記とか終わりがないじゃないですか。」いやいや、日記は1日1日が完成なんですよ。囲碁普及のためにもぜひ。あそうそう、名前が出てこなかったブログ書かれてる先生は鈴木伊佐男先生でした。

懇親会の後、2ch棋院のメンバー&尾越一郎八段土井誠八段信田成仁六段、総勢15名で2次会(3次会か)へ繰り出す。いやぁここには書けない話題の多いこと(笑)棋士は○○な人が多いなぁ(笑)いや褒めてるんですけどね。

と、他のメンバーはカラオケに流れるなか、ひとり帰ってきました。いやもう足が限界。豆つぶれてるし、昨日は神輿かついで、今日は1000面打ちの待ち時間も懇親会でも立ちっ放しで疲れました。でも、楽しかった~~。山田先生と話せたのはうれしかったなあ。

投稿者 たろう : 2005年10月09日 21:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.t-factory.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/178

コメント

わたしは筋肉痛が二日後におそってきました (゚Д゚;)
運動不足わぁ

投稿者 ちょこ : 2005年10月17日 18:36

コメントしてください




保存しますか?