logo_netpath.gif
使えるプロバイダ

« 打ち込み | メイン | ニューマシン3 »

2004年11月10日

ニューマシン2

ニューマシンから続き。

秋葉へ、キーボードとマウスを買いに行って、スピーカーも新調。光学マウス1000円なり、安っ。キーボード980円。スピーカー2.1chタイプ3000円。で5000円追加投資。ううう10万越えたかも(´・ω・`)。

以前買って、箱のまま突っ込んであった100MHubを発見してたので、それに、ルータからのケーブルを繋ごうとして、、あれカスケードポートがない。試しにつないでみると、スゲー、カスケード接続できてるよ。最近は自動認識してくれるのか、かっこいー。いやぁテクノロジーだねぇ。でも待てよ、これからLAN使う人はカスケード接続とか知らないってことか?これは、これで問題なような気がするなぁ。ロストテクノロジー(?)(笑)

新しいキーボードとマウスでWinXPのインストールも快調(^^。最初から買っとけよ>おれ。あいかわず悪ティベーションは必要なのか。まずは、動作確認。全体の動作はよさそうだな、CPU、メモリ、HDD、DVDは快調に動いてるようだ。Winampを落として見る。あり?音が出ない。。あぁそかドライバかということで、マザボについてたCDから各種ドライバをインストール。よしよし音も出たぞと。

さて、今回のメインである PlusDeck2のインストール。このPlus Deckは、IDEで接続するわけじゃなくて、音系は、通常のアナログラインインにつないで、デッキの制御は、シリアルポート(RS232C)から行うもの。電源の供給を他からできれば、内蔵する必要のない(かっこわるいけどね(笑))。

ハードと制御ソフトのインストールをして、テープ再生。ほぉ、グッドなんじゃないの?いい感じ。試し録音。あれ、音が録音されてない。なんでだ、、ボリュームコントロールも大丈夫だよなぁ。こういうときはマニュアル。コンパネの「サウンドとオーディオ」を開いてみる。あぁ なるほど、録音の入力がフロントパネルになってる。このマザボ&ケースは、フロントパネル内に、マイクライン入力があって、フロントからそいつに接続できるようになってるんだけど、今回は接続もしてないのであった。録音の設定をリアパネルに変更して再度テスト。録音できたけど、、音デカっ。録音レベル高すぎ。録音のボリュームパネルを開いて、レベルを最低近くに落としてなんとか普通のレベルになる。テスト録音をして聞いてみると、だ~~っ。音飛びしてる~Σ(゚Д゚)。ソフトのせいかと、PlusDeckのサイトから新しいソフトをダウンロード。

っと、その時電話が鳴る。「すいませ~ん。打ち合わせなんですが」やべ~~~~。テストに夢中になってて忘れてたよ(´・ω・`)「すすすすすいません。遅れます。」あぁやっちまった。_| ̄|○

ニューマシン3へ続く。音飛びの原因はなんだろ?乞うご期待。

投稿者 たろう : 2004年11月10日 09:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.t-factory.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/98

コメント

コメントしてください




保存しますか?